山口安次郎唐織袋帯と京友禅の和

2008.10.18 Saturday

0
    とき10月25日()・26日()・27日
    (月)

                          午前9時〜午後8時

    ところ 中島屋呉服店特設会場 

    世界に認められた西陣織りの至宝、
    104歳の現役織師山口安次郎翁の『唐織袋帯』と、
    糊糸目友禅の端麗優雅な『京友禅訪問着』との和をご堪能下さい。

    山口安次郎唐織袋帯

    安次郎帯

    安次郎翁の職人としての90年の経験が織り込まれると、こんなにも豪華で鮮やか、そして軽くて締めやすい帯が出来上がる。
    人生の節目にふさわしい帯。

    特別展示
    『夕顔』能装束 〜源氏物語千年記念〜

    夕顔

    紅浅葱段扇夕顔文様唐織 昭和58年(1983)


    特別上映 「リヨンに咲く〜安次郎の恋人〜」
                 仝畫11時〜 ・ 午後2時〜
         平成11年にフランス・リヨン市で開催された能装束展への思いなど、
        安次郎翁の西陣織りへの熱意が伝わります。



    講演安次郎


    昨年11月に弊店で行われた山口安次郎展の様子です。大勢のお客様にお越しいただき、西陣の歴史から、織り職人としての生き方、私生活に至るまで、貴重なお話しをお聞きしました。
    ご高齢にも関わらず、京都からお越し頂き、充実した展示会を催すことができました。                                            ・・・切に感謝。
    現在も104歳になられ、織り職人としての日々を送っていらっしゃいます。
    「今年も、福井へ行きますか。」と、とても有難いお言葉をお頂戴しましたが、安次郎さんのご健康を考慮し、丁重にお断りさせていただきました。

     安次郎さんの気持ちが少しでもお客様に届きますように・・・。
     どうぞお手に取ってぬくもりを感じて下さい。



    ☆山口安次郎翁経歴

    作業


    明治37年 10月1日生まれ
    大正5年 尋常小学校卒業と同時に家業の機織りに従事
    昭和25年 連合国最高司令官マッカーサー元師に能装束裂地を寄贈
    昭和61年 イギリス、チャールズ皇太子ご夫妻に西陣織の
         実演をすると共に、能装束「唐織雪輪青海波水仙文様」を献上
    平成11年 フランス、リヨン市で能装束展を開催
    平成14年 イギリス、ロンドンで能装束展を開催
    平成15年 京都・平安神宮で「山口伊太郎・安次郎二百歳記念
         千年の織物、二百歳の夢」展を開催し、紀宮清子内親王(当時)
         にご来展いただく
    平成17年 静岡県・佐野美術館にて「山口伊太郎・安次郎」展を開催
    平成18年 京都府文化賞・特別功労賞を受賞



    「品格」をまとう京友禅のきもの

    数々の工程で熟練した職人たちが
                   織り成す結晶である「京友禅」。
    伝統的な糊糸目友禅の手法を用い、黒田清子さまご成婚の折、お召しになられた訪問着や皇室のきものを製作する染匠の
    格調高い訪問着・付下げをご覧下さい。


    訪問着訪問着


    〜職人さんたちの技を訪ねて〜

    今回、紹介する「京友禅」のきものを製作している職人さんたちを訪問してきました。手描き友禅の繊細で洗練された作風は、何人もの匠の技により、生まれます。

    ☆糸目糊置き

    糸目糊置き

    下絵の通り、小筒から糊を細く搾り出す、繊細な手作業です。着物の模様の形を決定する重要な工程です。
    伝統的なもち米粉を用いる糊糸目は、ゴム糸目糊とは違い、やわらかい線(白場)がでます。



    ☆引き染め

    引き染め

    柄部分の色挿しをし、伏せ糊置きをしたら、模様意外の部分を染める「引き染め」をします。
    染むらが出ないように、五寸刷毛に染料を含ませ、スピーディーに染めます。



    ☆金彩加工                ☆刺繍

    金彩加工刺繍

    染め上がった友禅にさらに化粧をします。左上写真は、金粉のりを小筒に入れ、模様の線上に細く置く作業(金くくり技法)をしているところです。
    右上写真の刺繍は、金コマ糸を模様の線にそって、糸で抑えているところです。
    これらの作業は、職人さんに任されることが多く、腕の見せ所です。



    きものから、職人さん達の息づかいが聴こえる、・・・そんな気がします。
    どうぞ、匠の技をお手に取りご覧ください。 
    店主