安次郎さんとの出会い

2010.10.09 Saturday

0
    平成19年9月11日
    京都・西陣の自宅兼工房にて
    安次郎工房訪問


    平成19年11月 
    「山口安次郎展」弊店にて
    安次郎さんをお迎えして、貴重なお話をうかがいました。能の謡まで、披露して下さいました。
    「山口安次郎展」弊店にて

     平成20年6月、お客様とご一緒に、京都相国寺で開催された安次郎氏の兄 山口伊太郎氏の「源氏物語錦織絵巻」全4巻を展示した『山口伊太郎遺作展』を鑑賞した後、安次郎氏の自宅兼工房を訪問しました。足早でしたが、皆様、とても感動されていました。
    『山口伊太郎遺作展』を鑑賞した後、安次郎氏の自宅兼工房を訪問


     平成21年9月13日 京都相国寺にて開催された『山口安次郎作能装束展』の開会セレモニーに同席した後、併せて開催された薪能を鑑賞しました。
    「装束は演能に使ってもらってこその値打ち」という安次郎氏の願いを、演じる側、見る側、共に、感じた時間でした。
    山口安次郎作能装束展


     平成22年4月6日 心よりご冥福をお祈りする為に、ホテルグランヴィア京都での「お別れの会」に出席しました。
     お手向として、観世流老分 人間国宝 片山幽雪氏のシテ「江口」で始まりました。観世流の数多くの先生方を従えての謡は素晴しく、その道を極めた者同士が、会話をされているような感じでした。天高く、安次郎氏のもとへも届いたことでしょう。
     
     あまりにも安らかな最後で、まさに大往生だったと、お聞きしました。
    お別れの会