ユネスコ無形文化遺産登録記念講演に参加

2009.10.18 Sunday

0
    新潟県南魚沼市 〜ユネスコ無形文化遺産登録記念講演に参加〜
    平成21年10月15日、新潟県南魚沼市塩沢へ、小千谷縮・越後上布のユネスコ無形文化遺産代表リスト登録決定の記念講演に行きました。まずは北越雪譜で有名な鈴木牧之記念館に立ち寄り、小千谷縮と越後上布を見学。

    鈴木牧之記念館塩沢紬の工房

    式典開始まで時間があるので塩沢紬の工房を見学しました。しかし、街に人があまり歩いてない。静けさの中で聞こえてくる、何軒かある工房からの織機の音にノスタルジアを感じた。ユネスコ祝賀ムードは・・・。今が旬の直江兼続公生誕地というのに・・・。その雰囲気が、福井と同じですごく親近感を持ちました。
    記念講演会場の越路荘に早めに移動しました。会場には日本伝統工芸に携わる方々が各産地から集まり、沖縄からも、喜如嘉芭蕉布事業協同組合の平良美恵子理事長が来られると聞きましたので、ご挨拶をするためです。同じく福井県出身(平良さんは大野市)ということで話も弾み、このご縁を、次回の「琉球展」(9月開催予定)に活かしたいと思います。

    弊店では、小千谷縮・越後上布のユネスコ無形文化遺産登録を記念し、「小千谷縮展」(仮)を4月に開催します。どうぞ、お楽しみに。

    日帰りでの南魚沼市塩沢訪問だったので、本当に長い1日となりました。