7月2日(木)〜5日(日)「越前の国」は美しい。開催

2009.06.21 Sunday

0
    デジタル化が進化していくにつれて
    置き去りにされてしまう「優しさ」、「心地よさ」、「ぬくもり」。
    激しく変化していくものに目を奪われがちな中にあっても
    変ってしまってはいけないものがあります。

    何年もの時を経ても変らない、『越前の美』
    誰もの心の中にあるホッと一息つけるもの。

    『越前の国は美しい。』をテーマに、こだわったモノづくりに励む
    職人88人と店主でつくる着物を紹介します。
     私達が暮らす「越前の国」。
    どうぞ、あなた様も越前の美しさを会場にて再発見して下さい。

    「いい着物は永く着てほしい」が願いです。

    奥の細道で、芭蕉の歩いた「越前の国」で実際に立ち寄った場所、朝六つ橋、汐越の松などに職人達と立ち寄ることから着物造りを創め、下絵、糸目糊置き、友禅彩色、地染めなどの作業を、職人、88人と共に創った本友禅、ご来場の程、心よりお待ち申し上げます。
    職人と店主汐越の松

                                   店主

    7月3日(金)、4日(土)の2日間、細密筒描技法職人 宅間かおる氏来店
    匠の技実演会とても繊細な糸目糊置きの実演と、モノづくりに対するこどわり、苦労話など、楽しくお話を伺いましょう。
    宅間かおる