絣の北限の地、米沢探訪の巻

2016.08.01 Monday

0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:ファッション

     6月末に小松空港より、サクランボがたわわに実る山形県を訪ねました。

     

     まずは、白鷹町へGO。

     

    板〆絣といえば織元白たか織、佐藤新一氏の工房を見学。

     

    山奥の神隠しの秘境に案内されるのかなという時に、

     

    ぼんやりと集落が見えてくるではないか。

     

    どこか見覚えのあるノスタルジアな風景。

     

    心が新鮮になり、この地に足を一歩下した。

     

    白鷹の里

     

     最初は、糸染めを行う工房に案内された。

     

    作品創りに没頭できる素晴らしい環境。

     

    下界の邪念の排除された環境が作り上げる、

     

    真っ直ぐにほのぼのとした色に糸が染められていく。

     

    板〆絣糸 

     

     織元の話によると、機織り職人の高齢化と

     

    若い後継者がなかなかきてくれないので生産量が減少し

     

    糸を染める回数も少なくなったそうだ。

     

     とどめは板〆絣の、板〆絣の名前の発祥ともいえる、

     

    絣板の欅が、今では入手困難であるとのこと。

     

    絣板

     

    創る意欲はあっても作れない、寂しい話だ。

     

     山形県の重要無形文化財として、

     

    この昔から変わらぬ技法を少しでも永く続けて頂くことを切に願う。

     

     作り手の気持ちになり、ぶっかけ染めの真似事してみました。

     

    本当はグツグツ煮えた染料を絣板にぶっ掛けます。

     

     ぶっかけ染 店主

     

     次に向かうは、機織り工房。こちらはのどかな盆地の中心らしき所。

     

     トントントンートントントンー、

     

    「板〆絣」「雪花織名古屋帯」各々の織機から

     

    機織り職人の奏でる心に響く、切ないハーモニー。

     

     板〆絣糸を合わせながら、手際よく織っている熟練職人。

     

    板〆高機織職人と店主


     色の魔術師のように自在に色糸を扱う帯を織る職人・・・。

     

    雪花織名古屋帯

     

     この真面目に汗をかいてる方々の為に私のできることは何?

     

    それは微力でも製品を買い取らせてもらうことです。

     

     9月の催事に備えてなんとレアな「板〆絣」

     

    機織り中の「雪花織名古屋帯」GET・・・。


     佐藤新一工房の皆さま

     

    貴重なお仕事の時間にご迷惑をお掛けしたこと心よりお詫びいたします。

     

    ありがとうございました。

     

    織元白たか織 佐藤新一氏と店主

     

     翌日は事前に全国より選抜された代表の呉服店として

     

    「渡豊工房」さんで「サクランボの実染め」

     

    体験&研修会に参加しました。

     

     知名度の無い福井県の呉服店がなぜ、と思いましたが

     

    「きものSalon‘16春夏号」の特集

     

    「行ってみたい噂の呉服店」(P149)で

     

    取り上げられたことが評価されたみたいです。  

     

    http://www.kimonosalon.net/info/hokuriku/160225_56.html

     

     草木染めというと、樹皮等で染める染色が多いので、

     

    私は果実の実で染める作業を、聞いたことがありません。

     

    「渡豊工房」さんのサクランボ染めに使うサクランボは、

     

    色の濃いアメリカンチェリー系の

     

    『サミット』『紅さやか』『ジャボレー』『フジヤマ』

     

    4種類を染め物用として使用しています。

     

    染物用に使用したサクランボ

     

     今回は4反分の横糸を染めます。そのために用意されたサクランボは6箱。

     

    立派な箱に入っていました。鮮度高いし、すごく勿体ない気がした。

     

    この新鮮なサクランボを全て潰します。

     

     全国から選抜されたキチンとした呉服屋さんが全員参加で、

     

    手で揉んだり、足で踏んだり汗を流しながら

     

    一心不乱にサクランボを潰しました。

     

    サクランボを潰す店主サクランボを踏む店主サクランボを潰す店主サクランボ染料を集める店主サクランボ染をする店主

     

     

     つぶした染料を濾して、絞って、煮出して、染料になります。

     

    これで私達も糸を染めさせてもらいましたが、うーん今いちの出来栄え。

     

     そこで仕上げはプロにお任せ。

     

    「渡豊工房、若社長、出番です、お願いします!」

     

     

    酢酸挿入工程糸を染める工程糸を染める工程

     

     

     仕上げに抽出した染料に酢酸を加えたら、

     

    鮮やかな色を保つのと、媒染の効果があるそうです。

     

     染料の温度が上がるにつれて酢酸が鼻にツーンときます。

     

    そして熱い釜茹での前での作業。

     

    もくもくと作業する彼の姿に私と共通する何かを感じた。

     

     こうして糸が完成してもすぐには織らずに、

     

    1年以上寝かせて色を落ち着かせ製品の堅牢度を高めます。

     

    染め上がりを確認する店主

     

     

     ご指導をして頂いた「渡豊工房」ご家族の皆様

     

    どうもありがとうございました。

     

    そして共に汗を流した同志の皆様、切磋琢磨して、頑張りましょう。

     

    渡豊工房ご家族と店主真面目な呉服専門店同志

     

     

     確かな製品を買い取り、

     

    一般の皆様に喜んでお買い上げ頂くことが、

     

    私たち呉服専門店の使命です。

     

     9月の催事に備え、サクランボ実染めGET。

     

     

     

     

    番外編

     

     米沢といえば、上杉神社。上杉鷹山公に敬意を表し参拝しました。

     

    お昼は上杉伯爵邸で「うこぎご飯」

     

    うこぎとは上杉鷹山公が垣根として整備させた食用となる食物です。

     

    ヘルシーでした。

     

    うこぎご飯

     

     

     工房への移動中に、地元織元一押しの、山形のサクランボ農園で

     

    『佐藤錦』『紅秀峰』など美味しいサクランボを腹一杯頂きました。

     

    木に登ったり、色々な種類を食べ分けたり・・・本当にうまい!

     

    美味しいサクランボ米沢牛のステーキ

     

     夜は米沢牛のステーキ

     

    私は最近、肉は胃にもたれるのであまり食べないのですが、

     

    こんなの初めてですが、ペロリでした。

     

    やっぱりいいものは良い。

     

    着るもの、食べるもの。

     

     弊店は、呉服専門店として、

     

    真面目に物作りをしている織元、染元から

     

    製品を買い取ってお客様に提供しています。

     

    以前なら当たり前の事ができていない業界だから、

     

    真面目な作り手が衰退します。

     

     弊店は微力ではありますが

     

    「なせば成る。なさねば成らぬ、何事も。成らぬは人のなさぬなりけり。」

     

    (上杉鷹山公詠)

     

    肝に銘じ精進することを誓います。

     

    なせば成る

     

     

     

    平成22年10月31日 名古屋能楽堂

    2010.11.12 Friday

    0
      40の手習いで始めた能ですが、ある日社中の方より、「名古屋の社中の大会に出る人が少ないので応援で出てみんか、気楽だし。」と誘われましたので、店の展示会もないし、月初の京都の仕入れも直接行けるし、返事も気楽に出ますよ。と言ったのが始まりでした。
       当日は、早朝飲まず食わずで、着物を着て福井から特急しらさぎで、いざ名古屋。名古屋駅よりタクシーで名古屋能楽堂へ。名古屋城の前にあったんですね、能楽堂。県外の能楽堂は初めてですが、たかが能楽堂じゃないんです。能の歴史美術館もあり、さすが尾張徳川という箱物です。
       でも福井市の能楽堂も舞台は少し小さいけど負けてませんよ。それと、立地条件も。方や名古屋城前、こちらは歴史のある柴田勝家の作った呉服町の横ですから。
       まずは、腹がへっては戦はできぬで、食堂に行き美味しくお弁当を頂きました。さあ後は観て帰りたいとこですが、私は、竹生島という謡を独吟で出演しますので、大部屋の楽屋へ移動。入るなり、凄い緊迫した雰囲気を感じた。出番前の人の目は真剣そのもの。しかし、出番が終わった人たちはくつろいでいるのでそのギャップに違和感を感じた。出番前のその異常な緊迫感には理由があるのです。
       実はこの大会、私は素人だけの会かとプログラムをもらうまでは思っていたのですが、蓋を開けてびっくり。観世流トップの家元(片山清司)を始めとして、人間国宝 片山幽雪、他大先生達と一門の有名人が出演するのです。簡単に出るなんて言わなければよかったと後悔しても仕方ないので、こんな光栄な事は二度とないという考えに切り替えることにしました。当日のサプライズとして私の出番の後の吉井先生が欠席したため、家元の前に私が出るという最高の環境になってしまいました。何が最高かというと、観客数がおそらく最高になるということです。
       さあ、記憶力ないので少しでも暗記し直そうと思うも、皆さんに話しかけられ、
      名前と出番を教えるのと自分は初心者ですと皆に話してるうちに時間となってしまいました。
       舞台の待合場所へ行くと社中の大ベテランの方が座っておられましたが雰囲気が違う。これは自分も固まってるんやろなとか思ってるうちにいよいよ次となり、隣に家元が来られ座られた。挨拶せなと思い立つや否や「君、襟元着崩れてるよ。」と言われ家元に直してもらうという、呉服屋店主としたら大失態。手に嫌らしい冷や汗をかきました。
       いよいよ出番で能舞台に出ていく時に、家元を中心に大先生達の壮観な輪ができたので、それを横目に見ながら段差をまたぎ舞台中央へ。ここで転んだら戦国時代の武将の前なら切腹やなーとか考え、視点を中高年の男性に固定。さあ声出るかな。出た、よかった。お客さんゾロゾロ増えてくるのを横目にみると少し焦りが。速くしないと記憶がなくなりそうと気が焦ったら速くなる速くなる、通常なら33回転のところ45回転のレコードみたいになってしまった。琵琶湖をゆっくりと船を漕いでいく感じで謡えと社中の方からもらったアドバイスも忘れて全力で漕いでしまった自分に失望。でも飛ばしたりとか間違いはなかったのでよかった。
       尾張名古屋は終わりよければすべてよし。

       <追伸> 師匠が一流だと応援も一流ということを身をもって体験しました。
       家元の袴、最高ですね。仙台平であの色の縞。いい物見せて頂いたので呉服店店主としては袴だけでも一流ということで、発注させて頂きました。謡の腕は後30年後には上がっているかな・・・

      名古屋公演 店主名古屋公演プログラム
          

      7月10日 浴衣パーティー

      2010.07.11 Sunday

      0
        浴衣パーティー

        お忙しい中お集まりいただきありがとうございました。
        慌ただしく至らぬ点も多々あったと思いますが、又の参加
        お待ち致しております。

        ゴールデンウィーク子供達は大忙し!

        2010.05.06 Thursday

        0
          5月2日は佐佳枝廼社で日本舞踊を例大祭で奉納し、5月3日は神明神社の時代行列に参加するなど、ゴールデンウィーク子供達は大忙し!店の方は開店、休業状態zzzお払い受けて、気分入れ替え、夏に向かいましょう。
          舞を披露する子どもたち

          都をどりはヨーイヤァサー

          2010.04.27 Tuesday

          0
            4月21日、都をどりに今年も行って来ました。(女将は今年2回目)
             桜を見るにしては少し遅い日程でしたが、何とか仁和寺の桜を拝めました。
            仁和寺の桜

            お昼は祇園花郷にて懐石料理を食べ、ひと満足。
             そしてメインの都をどりはヨーイヤァサーとお客様達とリフレッシュしました。やっぱ日本の伝統文化は魅力あると実感。舞妓はんよろしおす。

            都をどりお茶席

            安次郎翁「お別れの会」

            2010.04.09 Friday

            0
              皆様、ご存知かとは思いますが、山口安次郎翁が7日、老衰のため京都市内の自宅で死去されました。御年、105歳。お別れのときって遅かれ早かれ、人間必ずくるけれど、山口安次郎翁は本当に天寿を全うされたなって思います。
               心よりご冥福をお祈りする為に、4月6日に、ホテルグランヴィア京都で行われました安次郎翁「お別れの会」に出席しました。

              安次郎翁「お別れの会」安次郎翁「お別れの会」会場

              各界から有名な方がご出席されていたので、田舎で零細な店の私など、こんな席に座らせて頂いていいのかなって、非常に恐縮しました。椅子に名札が付いていたのですが右3人隣に坂東玉三郎氏、2列前には人間国宝の重鎮、能の宗家の家元方、見回してもどこかで見た顔が多いので、肩身せまかったです。ちなみに坂東玉三郎氏は欠席でした。確か東京で公演中でしたものね。逆にそれで少し落ち着きました。

              安次郎翁「お別れの会」芳名板

              安次郎翁「お別れの会」憧れの方の後ろで

              会は、まずはお手向、として観世流老分 人間国宝 片山幽雪氏のシテ「江口」で始まりました。観世流の数多くの先生を従えての謡は素晴しかった。
              その道を極めた者同士が、会話をされているような感じでした。天国から安次郎翁、帰ってきてるようでした。

              長男の山口巌社長の謝辞を聞いて驚いたのですが、安次郎翁は亡くなった日も最後まで自分でトイレに行かれたそうです。送り人もあまりにも安らかな最後で正に大往生だったそうです。安次郎翁らしいな。合掌。

              2月20日 着物パーティー

              2010.02.21 Sunday

              0
                着物パーティー

                皆様、お忙しい中ご参加頂きましてありがとうございました。

                琉球絣協同組合 大城理事長の工房にて

                2010.02.08 Monday

                0
                  大城理事長の工房大城理事長の工房

                  レンタカーで走り南風原町の大城理事長の工房に到着。研修施設まであるその広さにビックリしました。まず組合で募集した研修生の作業を見学させて頂きました。伝統工芸を普及させていこうという大城理事長の度量の深さに感銘しました。

                  大城理事長夫妻と店主首里城

                  九月の琉球展に備えて大城夫妻と出来上がりの反物を吟味しました。
                  帰りの飛行機までに観光地の1つは行かねばと思い首里城へ。
                  以上、足早に紹介させて頂きました。製作者の見える商品はやはり安心できます。
                  確かな品物を高品質でお求め安く提供させて頂きますのでよろしくお願い致します。

                  琉球びんがた事業協同組合 屋冨祖理事長の工房にて

                  2010.02.08 Monday

                  0
                    少数精鋭で全部の工程がコンパクトな広さで効率よく作業できる環境は◎。
                    工具に関してもオリジナルでいろいろ工夫されていました。良い作品ができるわけです。
                    秘蔵の下絵も見せていただき、九月の琉球展に備えて弊店向きの柄を吟味しました。

                    屋冨祖理事長と店主屋冨祖理事長の工房

                    久米島紬新作ファッションショー

                    2010.02.07 Sunday

                    0
                      久米島紬の新作ファッションショー

                      平成22年2月5日から8日まで、プロ野球キャンプ真っ盛りの久米島、沖縄本島へ行きました。
                       久米島へは重要無形文化財・久米島紬の新作ファッションショーを見に行くことと、沖縄各地から集まる産元の理事長との会合のために訪れました。久米島紬のイメージというと泥染め特有の黒っぽいイメージがありますが、草木染のけっこう明るい地色の作品も多く見られました。ファッションショーでは夏物の男女の久米島紬に注目しました。興味のある方は気軽に当店に声を掛けて下さい。

                      新作の久米島紬の反物久米島紬事業協同組合 松元理事長と店主理事長と店主

                      左の写真:新作の久米島紬の反物    九月の琉球展に備えて新作をじっくり吟味しました。
                      中の写真:久米島紬事業協同組合 松元理事長 小売店としての久米島紬への思いを伝えてきました。
                      右の写真:前列左より、那覇伝統織物事業協同組合(首里織) 山口理事長、喜如嘉芭蕉布事業協同組合 平良理事長、琉球びんがた事業協同組合 屋冨祖理事長、後列左から二人目 琉球絣協同組合 大城理事長

                       喜如嘉芭蕉布事業協同組合の平良美恵子理事長とは新潟県の塩沢で去年お会いし、同じく福井県出身ということで気軽に声を掛けて頂き光栄でした。
                       琉球びんがたの屋冨祖理事長と琉球絣の大城理事長に工房見学させて頂けるようになったので翌日那覇へ。

                      久米島空港飛行機

                      タクシー初乗り390円なので安いな、と思った・・・の早く回る、回る、の島内一周。久米島の巻でした。

                      飛行機の プロペラ回り 那覇空港。