絣の北限の地、米沢探訪の巻

2016.08.01 Monday

0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:ファッション

     6月末に小松空港より、サクランボがたわわに実る山形県を訪ねました。

     

     まずは、白鷹町へGO。

     

    板〆絣といえば織元白たか織、佐藤新一氏の工房を見学。

     

    山奥の神隠しの秘境に案内されるのかなという時に、

     

    ぼんやりと集落が見えてくるではないか。

     

    どこか見覚えのあるノスタルジアな風景。

     

    心が新鮮になり、この地に足を一歩下した。

     

    白鷹の里

     

     最初は、糸染めを行う工房に案内された。

     

    作品創りに没頭できる素晴らしい環境。

     

    下界の邪念の排除された環境が作り上げる、

     

    真っ直ぐにほのぼのとした色に糸が染められていく。

     

    板〆絣糸 

     

     織元の話によると、機織り職人の高齢化と

     

    若い後継者がなかなかきてくれないので生産量が減少し

     

    糸を染める回数も少なくなったそうだ。

     

     とどめは板〆絣の、板〆絣の名前の発祥ともいえる、

     

    絣板の欅が、今では入手困難であるとのこと。

     

    絣板

     

    創る意欲はあっても作れない、寂しい話だ。

     

     山形県の重要無形文化財として、

     

    この昔から変わらぬ技法を少しでも永く続けて頂くことを切に願う。

     

     作り手の気持ちになり、ぶっかけ染めの真似事してみました。

     

    本当はグツグツ煮えた染料を絣板にぶっ掛けます。

     

     ぶっかけ染 店主

     

     次に向かうは、機織り工房。こちらはのどかな盆地の中心らしき所。

     

     トントントンートントントンー、

     

    「板〆絣」「雪花織名古屋帯」各々の織機から

     

    機織り職人の奏でる心に響く、切ないハーモニー。

     

     板〆絣糸を合わせながら、手際よく織っている熟練職人。

     

    板〆高機織職人と店主


     色の魔術師のように自在に色糸を扱う帯を織る職人・・・。

     

    雪花織名古屋帯

     

     この真面目に汗をかいてる方々の為に私のできることは何?

     

    それは微力でも製品を買い取らせてもらうことです。

     

     9月の催事に備えてなんとレアな「板〆絣」

     

    機織り中の「雪花織名古屋帯」GET・・・。


     佐藤新一工房の皆さま

     

    貴重なお仕事の時間にご迷惑をお掛けしたこと心よりお詫びいたします。

     

    ありがとうございました。

     

    織元白たか織 佐藤新一氏と店主

     

     翌日は事前に全国より選抜された代表の呉服店として

     

    「渡豊工房」さんで「サクランボの実染め」

     

    体験&研修会に参加しました。

     

     知名度の無い福井県の呉服店がなぜ、と思いましたが

     

    「きものSalon‘16春夏号」の特集

     

    「行ってみたい噂の呉服店」(P149)で

     

    取り上げられたことが評価されたみたいです。  

     

    http://www.kimonosalon.net/info/hokuriku/160225_56.html

     

     草木染めというと、樹皮等で染める染色が多いので、

     

    私は果実の実で染める作業を、聞いたことがありません。

     

    「渡豊工房」さんのサクランボ染めに使うサクランボは、

     

    色の濃いアメリカンチェリー系の

     

    『サミット』『紅さやか』『ジャボレー』『フジヤマ』

     

    4種類を染め物用として使用しています。

     

    染物用に使用したサクランボ

     

     今回は4反分の横糸を染めます。そのために用意されたサクランボは6箱。

     

    立派な箱に入っていました。鮮度高いし、すごく勿体ない気がした。

     

    この新鮮なサクランボを全て潰します。

     

     全国から選抜されたキチンとした呉服屋さんが全員参加で、

     

    手で揉んだり、足で踏んだり汗を流しながら

     

    一心不乱にサクランボを潰しました。

     

    サクランボを潰す店主サクランボを踏む店主サクランボを潰す店主サクランボ染料を集める店主サクランボ染をする店主

     

     

     つぶした染料を濾して、絞って、煮出して、染料になります。

     

    これで私達も糸を染めさせてもらいましたが、うーん今いちの出来栄え。

     

     そこで仕上げはプロにお任せ。

     

    「渡豊工房、若社長、出番です、お願いします!」

     

     

    酢酸挿入工程糸を染める工程糸を染める工程

     

     

     仕上げに抽出した染料に酢酸を加えたら、

     

    鮮やかな色を保つのと、媒染の効果があるそうです。

     

     染料の温度が上がるにつれて酢酸が鼻にツーンときます。

     

    そして熱い釜茹での前での作業。

     

    もくもくと作業する彼の姿に私と共通する何かを感じた。

     

     こうして糸が完成してもすぐには織らずに、

     

    1年以上寝かせて色を落ち着かせ製品の堅牢度を高めます。

     

    染め上がりを確認する店主

     

     

     ご指導をして頂いた「渡豊工房」ご家族の皆様

     

    どうもありがとうございました。

     

    そして共に汗を流した同志の皆様、切磋琢磨して、頑張りましょう。

     

    渡豊工房ご家族と店主真面目な呉服専門店同志

     

     

     確かな製品を買い取り、

     

    一般の皆様に喜んでお買い上げ頂くことが、

     

    私たち呉服専門店の使命です。

     

     9月の催事に備え、サクランボ実染めGET。

     

     

     

     

    番外編

     

     米沢といえば、上杉神社。上杉鷹山公に敬意を表し参拝しました。

     

    お昼は上杉伯爵邸で「うこぎご飯」

     

    うこぎとは上杉鷹山公が垣根として整備させた食用となる食物です。

     

    ヘルシーでした。

     

    うこぎご飯

     

     

     工房への移動中に、地元織元一押しの、山形のサクランボ農園で

     

    『佐藤錦』『紅秀峰』など美味しいサクランボを腹一杯頂きました。

     

    木に登ったり、色々な種類を食べ分けたり・・・本当にうまい!

     

    美味しいサクランボ米沢牛のステーキ

     

     夜は米沢牛のステーキ

     

    私は最近、肉は胃にもたれるのであまり食べないのですが、

     

    こんなの初めてですが、ペロリでした。

     

    やっぱりいいものは良い。

     

    着るもの、食べるもの。

     

     弊店は、呉服専門店として、

     

    真面目に物作りをしている織元、染元から

     

    製品を買い取ってお客様に提供しています。

     

    以前なら当たり前の事ができていない業界だから、

     

    真面目な作り手が衰退します。

     

     弊店は微力ではありますが

     

    「なせば成る。なさねば成らぬ、何事も。成らぬは人のなさぬなりけり。」

     

    (上杉鷹山公詠)

     

    肝に銘じ精進することを誓います。

     

    なせば成る

     

     

     

    中島屋好み 春のきこなし〜小紋・紬・なごや帯〜

    2016.02.04 Thursday

    0
      JUGEMテーマ:ビジネス
      2月25日(木)〜28日(日) 弊店にて開催
      桝蔵01 

      心はずむおしゃれの季節「春」にいかがでしょうか。
      きれい色の小紋と紬をご用意しました。
      帯まわりにも、そっと春色を添え、おでかけしたいものです。
       染め帯01 

      桜柄の塩瀬染め帯で、一気に春気分!
       
       
      小紋は着回し自由な便利アイテム。帯を替えて、お茶席からお出かけまで幅広くお召しいただけます。
      春のそよ風にゆれるワンピースのような“きれい色”を是非お選びください。
       多ち花01 
       
      中島好み◇小紋と紬いろいろ
      貴女は、小紋派or紬派?
       
       
      展示品目:附下・袋帯・小紋・紬・なごや帯 他
       帯〆01
       
      【併催】 春の小物展  帯〆・帯揚げ 他
       
       
      春の帯まわりに・・・。
      お手持ちの着物と帯にあわせコーディネートさせていただきます。
      お気軽にご相談ください。
       

      秦荘紬に加賀の染め帯

      2016.01.21 Thursday

      0
        JUGEMテーマ:ファッション
        京都では…、雪化粧した金閣寺。
        今週は全国的に寒〜い一週間、さすが「大寒」ですね。
        今日は、お天気で気分も良く^_^、きもの日和です。
        今日の女将の装いは、
        秦荘紬に加賀の染め帯。
        少しでも…、春を感じたい〜との思いが帯に込められています。
        真綿紬糸使いの秦荘紬はあたたかく、冬に大活躍です。4、5年目となると毛羽が取れ、すっきりとした感じになります。(写真では分からないですぅ〜f^_^;)
        いかがでしょうか?

        H28.1.21女将
         

        明けましておめでとうございます。

        2016.01.03 Sunday

        0

          明けましておめでとうございます。
          今年は元旦から、良いお天気で何よりですね。
          皆様、いかがお過ごしですか。

          さて、新年にホームページが完成した事をご報告させて頂きます。
          呉服町店同様、本年もよろしくお願いします。
          http://www.gofukugura.com/

          JUGEMテーマ:ビジネス

          ◆お知らせ◆
          本日より「初市」開催しております。
          毎年、大好評の福袋をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

          店主
          H28 初市

          H27着方教室

          2015.12.20 Sunday

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル
            H27・28きものKiyo着方教室 スケジュール (H27.8.20現在)
                                  _侏妨畫哀魁璽         AM10:00〜12:00
                                  金曜午前コース         AM10:00〜12:00
                                  E斃妨畫哀魁璽         AM10:00〜12:00
            ・都合により、日時が変更となる場合があります。予め、ご了承ください。
            ・参加費 : 300円/1 or 1,800円/7回のお得なカードもあります。(先払い)
            中島屋呉服店 0776-24-1483

            着方教室予定表


             

            美しいキモノに中島屋好みの付下げが掲載されました

            2015.11.15 Sunday

            0
              JUGEMテーマ:ビジネス
              美しいキモノ 2015 冬
              2015年 冬号の美しいキモノに中島屋好みの付下げが掲載されました。
              p61とp68に掲載。詳しくは弊店まで。
               

              平成23年11月12日

              2011.11.16 Wednesday

              0
                福井市景観賞の奨励賞を受賞しました。
                推薦して頂いた方がどなたかはわかりませんが、推薦して頂けるだけでも
                ありがたいことなのに、受賞というおまけも付き大変感謝しています。
                創業310年目の区切りのいい年にご先祖に良い報告できました。
                誠にありがとうございました。

                                           店主  中島 成利太

                H23
                JUGEMテーマ:ビジネス
                 

                店舗のご案内

                2011.10.10 Monday

                0
                  創業 元禄14年(1701年)
                  中島屋呉服店
                  福井県福井市春山2丁目16-8 (呉服町通り谷町下ル)
                  電話 (0776)24-1483
                  E-MAIL    info@gofukugura.com
                  12代目店主 中島 成利太(ナカジマ ナリタ)

                   http://www.facebook.com/posted.php?id=100002321989680#!/profile.php?id=100002321989680&sk=info

                  営業時間:午前9時〜午後7時
                  定休日:水曜日
                  ※駐車場あり
                  大きな地図で見る

                  ※携帯からご覧の方はコチラから地図をご覧いただけます。

                  中島屋呉服店外観     平成の中島屋呉服店
                  昭和初期の中島屋呉服店   昭和初期の中島屋呉服店
                  江戸時代末期か明治時代の中島屋呉服店   明治時代の中島屋呉服店

                  H23年度 着かた講習のご案内

                  2011.10.10 Monday

                  0
                    着物や帯で楽しく自分流で現代風に着ましょう。
                    当店にて着かた講習を開催中です。
                    今年から始めてみませんかよつばのクローバー

                    着かた講習 頭のセット

                    興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。
                    尚、お申込みをご希望の方は、申込み書を弊店までお持ち頂くか、
                    電話、メールにてご連絡下さいますようお願いします。

                    講 師 : その都度お楽しみ
                    場 所 : 中島屋呉服店 福井県福井市春山2丁目16−8
                                   (福井市呉服町通り谷町下ル)
                    時 間 : 火曜日 午前10:00〜12:00
                    予定日 : H23年
                      

                    7月 12、26
                    8月 9、23
                    9月 13、27
                    10月 11、25
                    11月 8、22
                    12月 6、20

                    *7回で1,800円のカードもあります。

                    ※都合により変更する場合がございます。

                    受講料 : 300円/1回 (この金額で全てです)
                    持ち物 : きもの(浴衣)、帯(半巾帯・名古屋帯・袋帯)、長襦袢、衿芯
                         帯揚げ、帯〆、和装下着、足袋、腰紐3〜5本(ゴムベルトOK)
                         伊達締め2本、帯板、帯枕、補正用タオル2枚、
                         その他お手持ちの着付け用具など


                    ※初めての方は、浴衣と半巾帯から始めましょう!


                    <お問合せ先> 中島屋呉服店
                           電話 0776−24−1483
                           E-mail   info@gofukugura.com

                    7月17日、18日 きもの・草履クリニック開催

                    2011.07.14 Thursday

                    0
                      7月17日、18日 きもの・草履クリニック開催
                       いつまでも長く大切に着ていただくために又、履いていただくために、
                      中島屋呉服店は毎日、着物、草履の相談を受け付けていますが、期間中は特別に
                      京都より二人の職人に来店してもらいます。経験豊富な職人による、ベンジンでのシミ抜きお手入れ方法を自分でできるように教えてくれたり、帯揚の直しではちょっとしたお楽しみ内容あり・・・草履の直し職人には、期間中、かかとのゴムの取替は無料でさせますのでこの機会に是非 草履の裏の補強をしましょう。当店でお買上げでないものでも大歓迎です。
                       長襦袢の下取りとして期間中は、どんな長襦袢でも1万円で下取りしますのでこの機会に作ってみましょう。再生できない長襦袢は、着物供養をして成仏致しますのでご安心下さい。3連休の後半ですが、心よりご来店お待ち申しあげます。

                      きもの・草履クリニック表きもの・草履クリニック裏